@media screen and (max-width:728px) { #ninja-hp-inactive{ display:none; } #ninja-hp-inactive-footer{ display:none; } }
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

笑えるワンクリック請求サイト
この前、親切な友人が「ワンクリック詐欺サイトが多発しているから気をつけろ!」 とメールをよこしてきてくれた。
ワンクリ詐欺というのは実際にはどのようなものだろうか。 調べてみよう・・・調べるまでもないけどw
まず、相手から自動的に料金を削ぎ取られる、なんて事は100%ない。 パソコンやHTML関係に慣れている人は、すぐにニセの情報だと分かるが、 一般の人には次のような画面を見れば、個人が特定されていると思い込んでしまうであろう。

画面がでかい・・・
実はコレ、ただのアニメーション・データなのである。 この画像はGIFアニメ形式。この画像を縮小すれば、携帯の待ち受け画面にも できそうである(笑)。種類によっては、FLASH形式のものが使われていたり、 JAVAスクリプトで疑似コンソール画面を作り出していたりするものがある。
しかし、完全に安心できる訳ではない。もっとタチの悪いサイトでは、 スパイウェア(PCのシステム内に入り込んで悪い動作をするもの。Windowsだと頻繁に感染) を送り込み、メールソフトを目に見えない所で起動させ、 悪質サイトに直接登録メールを送信する、というものがある。すると後日あたりには 請求を催促するメールが山のように届き、最終的には「債権回収業者をそちらに送るぞコラ!」 などという脅しのメールがやってくるであろう。
そういうときは、次のことを守れば大丈夫だ:

  • 焦らない。
  • カードクレジット番号を相手に教えない。
  • 電話番号、住所など、個人情報を教えない。
  • 相手が示した銀行口座番号にお金を振り込まない。
  • 徹底的に無視。放置に専念する。
インターネットを用いて個人情報を特定することは、法律上不可能なのだ。 たとえ、個人情報に一番近いと言われる「IPアドレス」が判明したくらいで、 「どのプロバイダと契約しているか」くらいしか分からない。そして、 プロバイダも勝手に個人情報は流したりはしない。
これからこういう画面を見ても、「ああまたアフォな業者がいるよ~www」 と思えるくらいにしよう、な!!