@media screen and (max-width:728px) { #ninja-hp-inactive{ display:none; } #ninja-hp-inactive-footer{ display:none; } }
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カラオケでROCKしようぜ!!
いつも友達とカラオケに行く時ただ歌うだけじゃ面白くないので、 他に何か出来ないかとカラオケの装置を調べた所なんと、外部入力を発見。 これはもしや…と思い、次に行った時にエレキギターを持ち込んで実験したところ、 ちゃんとギターの音が鳴りました!
次のようにやれば、誰でもすぐにできるはず。:

接続のやり方だが、普通は[ギター→エフェクタ→カラオケ装置]という順番で繋ぐ。 カラオケ装置側には「外部入力(マイク3)/司会用マイク」という空きジャックが あるはずだから、そこに繋ごう。だが要注意!カラオケ装置はアンプの役目もあるので、 そのまま繋ぐと爆音がでてビビる。
つなぐ前に、カラオケ装置側のボリューム関係のつまみを全部0にして、 それから繋いで、徐々に上げて音量調整していこう。エフェクターにもアンプ機能が付いてたら、 1/3以下にまで落とすといいかも。
マイクの音量にも気を配らないといけないぞ。 ギターだけ聞こえてマイクが入らないんじゃカラオケにならない。 BGM音量は少なめでも良い。状況により音量は様々なので、 調整して各自最適な音量を得られたい。
多くのカラオケ装置のジャックは[マイク入力×2個]+[外部入力1個]という 構成になっており、実はどのジャックにも繋がる。ベースも入りたい、 なんて事があったらマイク入力のどっちかを外して、ベースに繋いでしまうという ことも可能である。そのときにはマイクエコーなどのエフェクト機能は切っておこうな。

カラオケ装置。
こんな感じで簡単にロックができる。ギターのソロパートになったときに 思いっきり弾けばかっこいいぞ。さらに応用として、かわいい童謡などを「ロックアレンジ」 で歌えば、また違う雰囲気で楽しめるだろう。
※このような事をして機械等が壊れることはまずないと思うが、 万が一何か壊れたりしても私は一切責任を負わないので、 各自の責任の下でやってくださいよ!解りましたね!? (miyocoより)